お手入れ

丸洗い

クリーニング、プレス仕上げまでケア

着物全体の薄汚れや、汗じみ、匂いが気になるときにお勧めしたいのが丸洗いです。これは、洋服のクリーニングと同じように着物、帯、長襦袢など仕立て上がりのまま全体洗いすることで、別名「京洗い」「生洗い」と呼ばれることもあります。特殊溶剤によって全てドライクリーニングによって洗うので、縮みや箔剥がれの心配などはありません。



洗い張り

とき、ハヌイ、ゆのし、洗いまでのケア

汚れ、しみなどが非常に多い場合にお勧めします。特に仕立て直しや染め替えなどの前に洗い張りをお勧めします。仕立て上がりの商品を解いてバラバラにしてパーツごとになったものを縫い合わせて反物の状態で全体洗いします。その後、ゆのしをして反物の状態で完成、納品。その際、お仕立ては別料金、別描こうとなります。



染み抜き

ソースや醤油、ワイン、ビール、ジュースなどを着物にこぼしてしまったときに。染み抜きは、しみの種類やついてからの時間などによって落ちやすさ、落ち具合が変わってきますので、できるだけ早く染み抜きにお出しください。もちろん、古じみ、黄変じみなども落とせる可能性もあるので気軽にご相談ください。



汗抜き

湿気の多い梅雨時期や夏の時期の着用時に汗をかかれたときにお勧めします。汗をよくかかれる両脇や帯下などを部分染み抜きにより処理することができます。汗による変色しみなども処理できますのでご相談ください。


カビ落とし

タンスに入れたままになっている着物はカビが発生しがちです。カビの種類は、白カビ、黄カビ、黒カビなどがありますが、初期段階のカビはほとんど処理することができますが、時間がたつほど落としにくくなりますので、早めの処理をお勧めします。


プレス仕上げ

帯下(帯でしめた部分)のしわは一度お召しになると必ずできますので、気になるときはプレス仕上げをお勧めします。一点、一点職人の手作業により仕上げますので、風合い、縮みなどもありません。